東久留米の特定健診・生活習慣病は、おざき内科循環器科クリニック

生活習慣病

東京都東久留米市の当院は、生活習慣病の予防に力を入れています。特定健診(メタボ健診)から生活習慣に関するアドバイスまで積極的に取り組んでおります。

生活習慣病とは?

糖尿病や心臓病、脳卒中、がんなどの病気は、「成人病」と呼ばれ、加齢とともに発症・進行すると考えられていました。
ところが、これらの病気が発症するまでには、食生活や喫煙、飲酒など、個人の生活習慣の因子が深く関わっていることが明らかになったのです。
そこで、平成8年12月、当時の厚生省「公衆衛生審議会」が成人病にかわって、生活習慣に着目した生活習慣病という概念を新たに導入しました。
食生活や運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣によって引き起こされる病気を「生活習慣病」と呼びます。

生活習慣と関連する病気

食習慣

糖尿病(成人型)、肥満、高脂血症、高尿酸血症、循環器病、大腸がん、歯周病など

運動習慣

糖尿病(成人型)、肥満、高脂血症、高血圧など

喫煙

肺扁平上皮がん、慢性気管支炎、肺気腫、循環器病、歯周病など

飲酒

アルコール性肝疾患など

高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、症状が現れないことも多くサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれています。

病気の予防段階

  • 1次予防: 健康的な生活を送り、発病を未然に防ぐ
  • 2次予防: 健診などで早期発見、治療する
  • 3次予防: 病気になったら、治療とともに機能回復・機能維持・再発防止を図る

当院では、2次・3次予防の他、生活習慣に関するアドバイスも行っています。

ヘルスチェック

下記のような習慣が、生活習慣病へつながります。

  • 外食が多い
  • 朝食を抜くことが多い
  • 仕事が忙しく、夜遅く食事をしたり、夜食をとることが多い
  • ジュースや甘いものが好きだ 糖分を良く取る
  • 運動不足だと感じる
  • ストレスが溜まっている
  • 毎日、日本酒2合以上(ビールなら大ビン1本以上)飲んでいる
  • たばこを吸う

上記のような生活習慣は、メタボリックシンドローム、生活習慣病になりやすい生活習慣です。「まだ若いから大丈夫」「症状がないから大丈夫」と思っていても、 ほとんどの病気・生活習慣病は自覚症状がないまま進行しています。
健康診断を受けご自分の健康状態を知ることは、深刻な病気を未然に防ぐことができる効果的な方法です。

特定健康診査・特定保健指導

平成20年度から、「高齢者の医療の確保に関する法律」により医療保険者で生活習慣病に関する健診を実施するように義務づけられました。
40歳から74歳までの方は、メタボリックシンドロームに着目した特定健診を受けられます。リスクがある方は、生活習慣を変えていくための保健指導を受けていただき、糖尿病や脳卒中等の病気を予防していきます。

当院は、東久留米市の特定健康診査の実施医療機関です。対象の方へは、市からご案内が届きます。
積極的に利用し、病気を未然に防ぎ、健康で幸せな毎日を送りましょう。

↑
PAGE TOP